2009年4月6日月曜日


福岡に帰ってくると春爛漫!
眩しいくらいの日差しで、つくづく日本は広いなぁー
と実感した。
桜は満開だし、川沿いのやまぶきの花も、満開だ。
あまりにも見事な枝ぶりなので、幾枝か我が家の玄関に生け差してもらった。
部屋の中にも春が来た気分になってハッピーだ。

2009年4月2日木曜日

少し眺めのいいところに登ると遠くに中央アルプスが遥々と見える。

北穂高岳・中岳・槍ケ岳といった日本の屋根が見える。

登山家が危険を冒してまで、山に登る気持ちがなかなか理解できないが、こうやって
神々しい姿を見るとその理由の一端を見たような気もする。

あそこに行くとなにかありそうな、あそこの山の上から眺める景色ってどんなものだろうと
湧いてくる気持ちもありなのだろう。

狭い日本なんていうのは、この景色を見ると紙の上のことに思える。

2009年3月30日月曜日

おいしくいただく・・・ごちそうさま

宿泊所のご好意でミルフィーユを食後に出してもらった。

とても美味しかった。

さすが有名なケーキ屋さんのミルフィーユだけあって、パイはサクサククリームは濃厚でさっぱりとしたさわやかな味。

ごちそうさまでした。


これは、中国のチンタオ仕込みの母直伝のギョウザ。焼き餃子と水餃子で食べた。

水餃子は完璧。焼きのほうは、やや硬めの焼き加減でこんがりとは焼けたのだけれど、やや固めで、チョット反省です。

味は良かったけれどね・・・・


今日の夕方に近くの温泉に行った。

温泉からあがって、陽子さんを待っていると、待合室の薪ストーブの上で美味しそうに焼いていたさつまいもをもらう。

風呂上りで少し小腹がすいていたので、ありがたかった。

中までホクホクでおいしくいただいた。

それぞれ個性的でそれぞれ美味しい食べ物に満足でした。

みんな違ってみんないい。ふとそんな言葉を思い出しながら、夕方を迎える。

2009年3月29日日曜日

雪? 問題なし!



video


今日は、天気も回復して道路の雪もすっかり消えたけれど、昨日までは、雪の中での散歩だった。



ところがちぇりーやホリーにとっては問題なし。胸まで雪に埋もれながらラッセル車の如く
バンバン雪の中を進んでいく。雪質も大変軽く、毛にもまったくつかないのでへっちゃらである。


ニコもそれなりに楽しそうです。なによりですね。


2009年3月28日土曜日

早朝の散歩

今朝も気温は氷点下。日の出ごろに散歩に出た。


積もっている雪に朝日が当たってキラキラ輝いている。


気温は低いが、風がないので落ち着いて散歩もできる。

ちぇりーたちも勝手に散策をしてる。
雪道にも慣れたようで、少し奥の雪の深い場所にも分け入って走り回っている。
気温にも慣れてきたのだろうか、あまり震えもせずに楽しんでいるようだ。

2009年3月27日金曜日



宿泊所から15分でスキー場がある。午前中に忙しいところに無理矢理時間を作って、久しぶりのスキーをした。


かなり長いコースでまず、ゴンドラで頂上まで登り、徐々に下りながらリフトで再び上り、滑りを繰り返しながら、しっかり集中して滑った。
天候は、曇り時々晴れ。遠くを眺望はできなかったが、大パノラマの一部は楽しめた。

近所のお姉さんたちも滑っていた。



video

春を待ちわびて


山の天気は変わりやすい。

午前中の晴天から、午後には本格的な雪が降る。

白樺の小枝には、春の日差しから一転した厳しい寒さに耐えて鳥たちは、静かに雪が止むのを待っている。

春の足音は聞こえているのであろうが、近く・遠くまだ確かなものではないのでしょう。

ただただ季節が変わることを望む小鳥たちが、厳しい自然の中で生きる姿は、

強い。

2009年3月26日木曜日

正しい形

初めて見たかも正しい雪の形
寒さが身にしみる。

朝見たつららは、さらに成長してました。


今日は快晴 長野県大滝村

気温マイナス10度

久しぶりにしびれるような寒さだ。

中央アルプスの方から日が昇る。

白樺林の中を、雪の中を歩き、山の稜線まで登る。

ニコたちは、楽しそうに雪の中を散策している。

空は朝日の前兆で薄紅色に染まる。

腹の底にジンとした感動が、湧き上がってくる。


散策から戻ってくると宿泊施設の軒下にはつらら。
今日も快晴だ。























かわいいお客さん

まだ春浅い長野県木曽郡

餌を探すのが大変な小鳥さんがここの家の持ち主の計らいで
ひまわりの種を貰っている。

入れ替わり立ち替わり、いろんな小鳥が、やってくる。

小鳥との距離30cmくらい。

人間を恐れていない。

かわいいねぇー
video

2009年3月25日水曜日

長野_出張_1日目

昨日から出張先の宿泊施設で仕事始めた。


静かな場所でたくさんの野鳥が、窓際までエサをついばみにやってくる。












到着した昨日は、快晴だったけれど、今日は一転、朝から雪が降り始めて、銀世界に逆戻り。


春と冬の綱引きは、この地方では五分五分。


春が勝つまでもうしばらくはかかりそうだ。

2009年3月18日水曜日

山椒の芽が出た


昨年夏に突然枯れてしまった我が家の山椒の木。


福岡に引っ越してきた初めの年に裏山から採ってきた木だった。


そこで去年の暮にまた、山に分け入り探して見つけた幼木だ。

大きさは、つまようじ程度。


冬には葉を落とし、まさしくマッチ棒かつまようじ状態で冬を越した。


幼い木だけに山から移植されてきたものだけに根付いているか心配していだが、

なんとカワイイ若芽が出てきた。


今年は、木の芽合えはできないけれど、来年の楽しみということで気長に待つことにしよう。


この小さな山椒の木の成長が楽しみだ。


春を迎える楽しみがまた増えた。

2009年3月16日月曜日

Qアジ3月練習会


昨日15日は、Qアジ練習会でした。

1月、2月はなかなか天候に恵まれず、大変ない練習会だったけれど、昨日はすっかり春めいた気候で練習参加者は、一日楽しく練習できたようです。


ちなみに、中村&ちぇりーはAG1,JP2,AG2いずれも失格。


でも問題なし。健康のためにアジリティーは良い運動です。


それにQアジの練習会に参加している犬好きさんたちが、自主的に練習会の進行を手伝ってくれるので、ただ、アジリティーの練習をしているプラスアルファが楽しいのですね。


肩肘張らずに、シンプルに開いているアジリティーの練習会なのでうまく運営できているのかも。


陽子&ホリーは、1度でQアジ賞を獲得。本人は、『2度で取りたかった』とのことですが、自分に言われば贅沢ものです。


と言いながら、おかげで食後のフルーツにありつけたのですが・・・


ニコ・ちぇりーもホリーのおかげで今晩の夕食には、サツマイモとイチゴのトッピング。


みんなで、『いっただぁきまぁーす』(^o^)/

2009年3月3日火曜日

ひな祭り by ふみ


今日はひな祭りということですぐ近くの喫茶店”ふみ”で晩ご飯を食べた。


ひな祭りということでご飯は、なんと「ちらしずし」ひし餅の形をしたゼリーまで付いている。

今日は、日替わりセットで1,200円。デザートはオリジナルのケーキにコーヒーまで付いていた。
ごちそうさまでした。






ふと見るとコーヒーシュガーのポットの脇にかわいいウサギを発見。

店主のさりげない演出も楽しんで満足でした。
ごちそうさま

2009年2月23日月曜日

ドライアイスで炭酸飲料を造る

東京と長崎から子供たちが来た。

まあ、久しぶりに賑やかだ。

楽しそうにしている姿は、日頃のストレスも忘れリラックスしているね。

アイスクリームを買ってきたら、ドライアイスが入っていたのでジュースに入れて

ボコボコ泡を出しながら飲む。

video
これまた楽しそうですねー

炭酸がジュースに溶け込めば、炭酸飲料の出来上がり。























お味はいかがですか??

video

2009年2月14日土曜日

春めく猪野 移ろい

既に2月の立春も過ぎ、寒さの厳しさにも少し春めいたものを感じていた。

近くの猪野神社の梅もほころび始め、春は確かに近づきつつあるのです。


上の写真は、2月1日

下の写真は、2月14日

いいなぁー、こんな季節の小さな変化を
感じることができる場所に住めて感謝。

猪野の神様のおかげです。








2009年1月31日土曜日

佐賀の武雄に墓参り


陽子さんを迎えに武雄まで行ったので、帰りがけに父の実家
の墓参りに行った。

冬枯れした墓前に花を供え、昨年夏以来に手を合わせた。

雑木林に囲まれた墓石に積った落ち葉を払った。合掌。

帰りに武雄高校近くの県の自然文化遺産の大楠の木を見に行った。

話には聞いていたが、あまりの大きさに数千年の時間を生き抜いた巨木になにか神秘めいたものも感じた。

たいしたもんだ。








2009年1月25日日曜日

大雪だ!

昨夕から降り出した雪は、解けることなくシンシンと降り続き、積り、朝には全面的に雪景色。

いつも裏庭でお茶を飲んでるベンチとテーブルもご覧のとおり。

定規を指して測ってみると15cm!

九州の福岡では10年ぶりの大雪だそうだ。

福岡市内は、5cm程度ということだが、ここ猪野は山際だけあってさらに多くの雪が積もった。

今日は、移動はナシ。

おとなしく自宅で仕事をする。

ニコたちはみな、ガタガタ震えながら、雪を食べていた。

恐るべし、彼女たちの食欲。





2009年1月10日土曜日

今年も元気なニコ


我が家のシェルティーは3匹いる。
その中で一番年上は、ニコ。
今年の4月で14歳だ。
毎日、裏の川を元気に散策する。
少々耳が遠くなったが、食欲は旺盛。
胃腸も強いのです。

とても愛嬌のあるおばあちゃんです。

2009年1月4日日曜日

正月明けにイチゴ大福


おせちにも飽きたし、正月休みを終わったので、気合い入れてイチゴ大福を作った。
■材料
・白玉粉 120g
・砂糖 80g
・水 180ml(カップ1杯)
・イチゴ 12個
・こしあん 240g
・片栗粉 適量
■作り方
1.耐熱のボウルに白玉粉、砂糖、水を加えてよく混ぜる。
2.ラップをかけて500wの電子レンジで3分加熱し、一度よく混ぜ、再びレンジ3分加熱する。
3.バットに片栗粉を広げて、その上にボウルの餅を取り出し、12等分にする。
4.餅を広げた上に、こしあんとイチゴをのせて丸く包む。
和菓子屋さんのようには上手に丸く包めなかったが、味はとてもよかったよ。

2009年1月1日木曜日

正月と言えば・・・・・

やっはり楽しいお正月。
video
ご馳走のオンパレード!!
エビフライ
鳥のから揚げ
サトイモと厚揚げの煮物
刺身盛り合わせ
ハムなど
なまこ
竜眼(ゆで卵を挽き肉で包んで揚げたもの)

video

長崎名産ブタの角煮

お屠蘇、お酒などなど

ご馳走がずらりと並んだ実家の正月だ。

お袋さん、ありがとうね!

あ、忘れてた、なんと言っても最高のご馳走は、久しぶりに会った
みんなの笑顔だね

カニ鍋の結末は!?


弟が、ネットオークションでカニを格安で落札。
で、必然として家族が集まるお正月にカニ鍋となった。
ありがたや、アリガタヤ
当然、カニ鍋の〆は・・・・・カニ雑炊!

貧乏性なの、つい作るプロセスを撮ってしまった。






まず、プカプカ浮かんでいる残骸をとりあえず除いて、きれいなカニエキスダシを準備した。






















次に適当な大きさに切った春菊や白菜を投入。
その後白いご飯を投入してとろりと仕上がるのを
待つ。






















銀杏を入れて、あっという間に出来上がり。
味の方は、言わずもがな。
ごちそうさまでした。





















完食!みごとキレイにお腹の中におさまって
めでたしめでたし。

新しい年の始まり 猪野神社

充実した2008年も終わり、また、新しい年の始まりだ。
今年も陽子と初詣に行った。

いつもは閑散として、静寂の中に包まれている神社も新年はちょっと状況が違う。

氏子の人たちが、神社の階段の前で振る舞い甘酒(アルコール抜きね)を配っている。

100段以上ある階段も初詣の人たちで夜中から埋め尽くされている。

普段はゆっくり参拝するのだが、とりあえず形だけ参って、押し出されるように焚き火のほうに向かう。


video
自分が知る限りでは、年始3日しか開かない社務所も明かりが灯り、お守りを買い求めている人たちごった返している。

今年も充実した良い一年になりますように!